株式会社パル企画は映画の製作・配給会社です

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

映画作家黒木和雄非戦と自由への想い

映画作家黒木和雄非戦と自由への想い

映画作家黒木和雄非戦と自由への想い

映画作家黒木和雄非戦と自由への想い

映画作家黒木和雄非戦と自由への想い

映画作家黒木和雄非戦と自由への想い

Trailer

Theater

上映終了しました

Introduction

いつかきた道を、忘れないために。

『竜馬暗殺』『父と暮せば』『TOMORROW/明日』で知られる映画監督・黒木和雄。2006年に急逝して今年で10年が経ちます。
晩年は、第77回キネマ旬報ベストワンの『美しい夏キリシマ』、井上ひさし氏原作の『父と暮せば』など、戦中戦後の市井の人々にフォーカスをあてた戦争レクイエムと呼ばれる4作品を撮り続けました。
生前、「現在の日常のなかに「戦時下」のあの日々の姿がかたちを変えて、ふたたび透けて見えてくるような危機感を、私はいだきます。」と語った黒木監督。
遺作となった『紙屋悦子の青春』の完成直後、初日の舞台に立つことなくこの世を去りましたが、それから戦後70年を迎え、わたしたち自身や社会は何が変わって、何が変わっていないのでしょうか?

本作品では、黒木監督の肉声や作品、同世代の著名人から10代の学生のインタビューを通して、監督が抱いた危機感はどの様なものだったのか、そして、戦争をしらない戦後世代はどの様にいまの時代を捉えているのか、紐解いていきます。
本作品を監督するのは、黒木監督の『祭りの準備』などの助監督を経て、『正午なり』(1978年)で映画監督デビューした後藤幸一監督。長年にわたり黒木監督と交流のあった後藤監督が、黒木作品に込められた非戦と自由への想いを未来へ繋げる必見のドキュメンタリーです。

黒木和雄監督プロフィール

1930年11月10日生まれ。宮崎県えびの市出身。
1954年に岩波映画製作所入社。「海壁」「わが愛北海道」などを発表し、1962年にフリーに。
「あるマラソンランナーの記録」を経て、1966年に「とべない沈黙」で劇映画デビュー。
1970年代のATGを代表する監督の一人として「竜馬暗殺」(74)、「祭りの準備」(75)等で高井評価を受ける。
以降、「TOMORROW/明日」(88)、「浪人街」(90)、「スリ」(00)、「美しい夏キリシマ」(02)」、
「父と暮せば」(04)、「紙屋悦子の青春」(06)などを発表し、数々の映画賞を受賞する。
2006年4月12日急逝。享年75。

Credit

【スタッフ】
監督:後藤幸一
製作:鈴木ワタル プロデューサー:岩村修 撮影:高間賢治/田中一成/板谷秀彰/中岡幸一 編集:鵜飼邦彦 整音:坂上賢治 音楽:『ヒロシマそして終焉から』秋吉敏子 JazzOrchestra featuringルータバキン 題字:赤松陽構造 ナレーター:尾又淑恵 製作・配給:パル企画/コピーライツファクトリー (2016年/91分/カラー/日本)

【出演】
黒木和雄 澤地久枝 田原総一朗 黒田征太郎 青来有一 黒木暢子 横山陽二 大江健三郎 井上ひさし 高野悦子
語り:佐野 史郎

Facebookpage

PAGETOP
Copyright © 株式会社パル企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.