【イントロダクション】
今日も”すももパック”を光に透かして眺めながら自分の城に閉じこもっている相原小桃。
他人としゃべることを止めた彼女は、一人でいるときだけ笑顔を見せた。
親友や妹は小桃を追い抜きどんどん大人になっていくというのに・・・。
そんな彼女が交通事故にあった。こん睡状態のなか、不思議なことに彼女の意識と肉体は
別の時間・空間を旅する。
幼い頃の自分にめぐりあった小桃は・・・。